大学受験を無事にパス!|英語をメインに試験対策を構築しよう!

先生と生徒

全寮制の環境

医療

医学部受験は、比較的難易度が高めに設定されています。狭き門をくぐるためにも、集中して勉強出来る環境が必要です。全寮制の医学部予備校を利用すれば、他のことを気にせずに受験勉強に集中できます。

もっと知ろう

おすすめ関連サイト集

  • 医学部受験専門予備校YMS

    医学部受験をクリアする為に、確かな知識をつけましょう。合格実績No.1の予備校が合格の鍵になります。

医療系のテーマ以外にも

図書館

医療関連の学校に、推薦入試で行く場合は、小論文対策が必要です。ただ、学校によって、医療関連のテーマやそうでないテーマを設けてくるのです。前年度やその前の年度ではどのような小論文テーマが出たのか調べましょう。

もっと知ろう

息抜きと将来のビジョン

先生と生徒

受験勉強に勤しむは最適ですが、たまには息抜きをした方がいいでしょう。そのために、キャンバス見学などの進学イベントに参加してみるのも一つの方法です。大抵は、学校情報サイトなどでイベント期間が掲載されています。

もっと知ろう

英語を重要視して勉強

高校生

大学受験では、なんといっても英語が重要です。なぜなら、文系や理系関係なしに英語は必要不可欠なのです。文系は、海外の文献を読み取るといった事や、英語やその他の言語に関する事を研究する機会があるからです。理系も同様の事が言えます。特に医療系に進む事を希望している場合は、英語が必須になります。なぜなら、病院での患者のやりとりを行なう際にメモを取る時は、英語を使用するからです。英語のほうが、画数の多い漢字よりも早く書き取る事が出来るメリットがあります。また、英語の方が患者にとって何が書いているのか分かりにくいからです。病名を日本語で書くと、患者は不安を覚えてしまいますが、英語で病名を書かれても理解し難いので、下手に不安な気持ちにさせない効果があるからです。そのため、どんな大学や学科であっても、英語は必須になるのです。そのため、大学受験では英語の学習を重点的にやっておいたほうがいいと言っていいでしょう。
大学受験の為に、英語が必要と言っても正直日本人にとって難解な言語です。なぜなら、日本語とは逆の文法の言語であるのと、表現方法が異なるからです。そのため、未だに英語に対して苦手意識を持っている人も数多いのです。英語の点数を上げるためにも、大学受験までにスケジュールを立てて勉強をするか、専門予備校などの教育機関を利用して大学受験用の英語の学習を進めるかを選んだ方がいいでしょう。ただし、あくまで英語はコミュニケーションツールなので、ただ勉強するのではなく使える英語を身につける姿勢で臨みましょう。